2022年01月17日

コロナワクチンが入荷して来ないよ

トンガで1月15日に最大規模の海底火山噴火が起きました。
日本にも1m越えの津波が届き、小型漁船が沈没したりしております。
夜間に、津波を避けるために高台へ避難なさった方々は大変つらい思いをなさったことでしょう。
1月17日朝5時過ぎに西日本を襲った阪神大震災を思い返しました。
災害は思わむ時に起き、いくら注意していても、私たちの努力を軽く超えて、何もないように私たちにダメージを与えます。
災害に備えていても、寂しさを感じてしまいます。
自然の超絶的な破壊力に驚くばかりです。

災難に合われた方に早く援助の手が届きますように祈っております。
この寒い真冬に、外で過ジごすだけでの命が削られることを考えると体が固まって考えままとまりません。
ニュージーランドとオーストラリアが飛行機を飛ばして現地の被災状態を確認しています。
早く現状把握し救済体制が取れるように願っております。

日本のワクチン接種ですが、岸田政府は医療関係者・高齢者は2回目ワクチン接種から6か月後、それ以外の方々は7か月後に3回目接種と8ヶ月後接種を早めさした。5歳以上の接種も開始すると発表しました。
発表しても現場にはワクチンがありません、ワクチンが地方自治体になく届いてもいません。
直ちにワクチンがどれほど国に現在在庫があるか、いつどれほどのワクチンを送ってくるかをしっかりと発表しないと混乱だけ増大します。

テレビではワクチン接種を早めに前倒しします。
年齢も拡大しますと発表、ニュースでながしていますが地方自治体にワクチンを早く届けて欲しいです。
当地区では3回目ワクチン接種予約は今日始まりましたが予約開始午前半日で2月分の予約が満杯になってしまいました。
TEL がかかってきてもコールセンターも当クリニックもワクチンがなく謝っている状態です。
ワクチンは菅内閣の時は段々と入荷量が増えて、最初の1か月でも現在の数倍は入荷していたと思います。
菅総理は口下手でマスコミにたたかれましたが、実行力は最大だったように思います。
岸田総理は国民の声を聴くといわれて人気があるようですが、見方を変えると優柔不断で決断力が乏しく、実務ができないと考えられるかもしれない。
日本経済を活性化しなければ、国力が落ちていくだけである。
国力を上げるためには、経済が立ち直らないといけないのは自明です。
経済を活性化するには国にお金が回らないといけません、停滞しているといけません。
人間で血液が回って初めて人が生きることができるのです。人も国も同じです。
内閣は国内にお金と回るように政策を作らないといけません、お金の流れを止めるような政策は廃止して流れ祖活性化する政策を作ってほしいものです。
人が明るくなる環境を作らないといけません。
頑張って日本を盛り上げていきましょう。


posted by incho_sensei at 22:35| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年08月05日

当クリニックでも新型コロナワクチン枯渇が現実に

おはようございます。
今日も快晴ですが、台風の足音が聞こえてきますね。

私たちのクリニックは、昨日午前から新型コロナワクチンの入荷減で院内全体がパニック状態になってしまいました。
7月に比べると8月には市からのワクチン入荷量は半分程度に減らされました。

9月も同程度でワクチいわれていましたッておりました。
市からも9月入荷量も減った8月と同じ程度になりそうだと、増えることは期待は少ないといわれていました。

当クリニックでは、9月は8月より少し少な目で2回接種者と1回目の予約を受け付けておりました。
しかし昨日、市から9月ワクチン量のお知らせが来ましたが、8月量のまた半分量です。
7月と比べると1/3~1/4の量となります。
慌てて2回接種者の人数の数えなおしをしましたが、新規接種者をキャンセルしても足りないことがわかり、パニック状態に陥ってしまいました。
そこで、新規接種者を残念ながら売れませんと断りつつ、予約なさった方々に電話をかけ、接種に知事の変更、1^2週間の延期をお願いしておりました。
1日の接種人数を減らすことに、汗水を流した次第です。
予約されたい方々には、大変悲しい思いをさせてしまいました。
変更に気持ちよく応じてくださった方々には感謝をいたします。

そのような状態でも自治体・各市町は接種対象をどんどん広めております。
接種したい人がどんどん増える伸びワクチンが入荷せず、予約を断る矛盾を痛感しております。

接種券を配布する分ワクチン量を出荷してほしいと願っています。
市のワクチン担当者と、時々話をしますが、割り当ての苦労も大変と実感します。頭を悩ませておられます。
市の職員の方の苦労もわかり、私たちの突き上げと国からのワクチン入荷で板挟みになり悩まれていることと思います。
ワクチン接種の携わる人間として早く、接種を必要な人に行いたいと願います。

posted by incho_sensei at 07:49| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月29日

新形コロナ感染者が大爆発」

オリンピックが始まって、日本人選手の活躍が著しくうれしく思います。

オリンピックをよそに、台風が東北上陸、各地に影響が出始めています。
さいたま市で雷による停電が起きたりしています。
オリンピックでもサーフィン、ヨットが影響されています。

サーフィン・スケートボードでメダルが取れたのは驚きました。
ソフトボールもアメリカを負かし金メダル、体操の個人でも金メダル。
水泳では大橋選手が金メダル個獲得とか、柔道も頑張ってよくメダルを取っています。

開催地の東京・関東各県ではコロナ感染者の増大で嫌な新記録を作っています。
新記録を作るのはわかりきっていますね、あれだけの人出があれば感染拡大しかありませんね。

人出を押さえないで感染者が多くなったと騒いでいてもあきれるしかありません。
まずしなければいけないのは各自が自宅に閉じこもり外出しないこと以外にはありません。
他人との接触を極力避けることです。

でも高齢者の感染が少ないのは、うれしいことです。
若い人は感染してもベット上で挿管され重症に陥る確率は、年配者より低く、死亡確率が低いので、若い人の中には死ににくいので気にしないと考えている人が多いように思われます。
でも、死ななくても大変苦しい思いをして数週間苦しむことを忘れないでほしい。

夏休みになって家でいるのが我慢できないのはわかります。
ソーシャルディスタンス、マスク、手指消毒は忘れないでください。

マスクは自宅でいる時しか外さないようにしましょう。
マスクを外しているときに感染を起こすことを忘れないでください。

早く感染が沈静化することを願っています。
ワクチン接種をこの機会に進めてもらいたい。
みんなで頑張ってこれからの2か月間でワクチン接種をおしまいにししましょう。
posted by incho_sensei at 00:24| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月22日

新形コロナ流行下のオリンピック

おはようございます、快晴ですね。
早朝に散歩をしてきましたが、久しぶりのマスクを着けての1時間半ほどの散歩でした。
マスクを着けているとさすがに息が上がってきますね、坂道はそれは大変でした。

オリンピックが始まります、前哨戦も行われていますね。ソフトボールがよいスタートを切ったようです。
各選手がこの災難とも言えるコロナ流行中でも、日ごろの練習をいかんなく発揮できるように願っております。
悔いなく自分の持てる力を出せるように祈っております。

新形コロナ感染流行が加速度的に進行しないために、私たちは連休中もできるだけ外出しないで、人と接触なしでやっていきましょう。
人との接触、ソーシャルディスタンス不足で感染者が増加します。いくらマスク、手指消毒を頻回にしてもソーシャルディスタンスが足りないと感染してしまいます。

いくら感染対策をしても、気が付かないところで安全対策から外れたことをしているものです。
感染対策していても、室内でも、野外でも空気は対流となり回ってきます。もしマスクを外していると、感染者がいる場所では、その空気の対流を吸うことにより感染します。
とくに食事中はマスクを外していますから、近くにいる感染者の空気対流を浴びることになります。
今回は、デルタ株です、デルタ株アルファもあります、英国株の半分のソーシャルディスタンスで感染するそうです。
また、若い方にも感染力が強いようです。若い人も重症化します。
酸素吸入、そう気管挿管・長期入院措置が必要になり大変つらい思いをすることでしょう。

最初出たころのコロナウイルスより英国株はその倍以上感染が強く、またインドデルタ株は英国株の倍以上の感染力があり若年層に感染しやすいといった、最初のウイルスと全く違ったものとなっております。

大変怖いウイルスに変異しております。

明日2021年7月23日、オリンピック開会式があります。大勢の方のワクチン接種が望まれます。
現時点でのコロナウイルスワクチン接種は金沢市では40歳以上の方に接種券発送されました。
白山市は現時点2021/07/22は45歳以上が接種対象です、野々市市は50歳以上が接種開始となっています。
もちろん基礎疾患がある方は別で早めの接種可能です。
石川県では19歳〜30歳の方は大規模集団接種会場で接種となっていると思いますが確認をお願いいたします。
基礎疾患のある人は医療機関での個別接種もできます。
各自治体の予定がどんどんとすぐに前倒しに進行するので、確認が必要です。
接種の機会を逃さないようにして、接種を済ませましょう。

新形コロナが早くインフルエンザヴウイルスと同じようにワクチン接種が一般的になり、対処薬剤も早く開発してもらいたいです。
日本の薬品会社のさらなる努力を期待します。

私としてはコロナワクチン接種が開始が遅く始まった日本でここまで早く接種回数が進むとは思いませんでした。
今までの日本の厚生省・自治体のやり方では、たぶん現在の接種量の半分以下だったと思います。
いろいろと悪く言われていますが、菅総理の「1日100万人以上接種を推し進めましょう」といった、勝手なことを言っていると自治体・野党に馬鹿にされた大号令ななければ今の日本はもっと悲惨なことになっていたでしょう。
大変恐ろしい状態になっていたことでしょう。
いろいろ問題のあるワクチン行政ですが、日本のワクチン認可制度が悪いために今回の大騒ぎの現状になったことをしっかりと検証しないといけません。2−3か月間早めに接種体制の入っていたら、現状は少しは改善され、明るくオリンピックに入れたと思います。、少し残念ですね。

日本だけが特別な承認制度でしか認めないといったことでなく、世界で数か国で使用され認められていれば使用するといった、世界基準で行ってほしいと思います。日本では集団接種で訴訟問題がよく起きました。
副作用が起きて訴えられる、役人はそれに恐れをなして現在の制度になったのは理解しています。

今回のようなパンデミックでは素早い対応・時間が大切です。助けられる人命と副作用で訴えられる心配を天秤にかけることはなく決断力を持って進めてほしいものです。
決断が遅れたために、何千人が新型コロナウイルス感染で死亡しました。
厚生省の薬事審議会の役人の方々は自分たちの訴訟防衛のためでなく国民の人の命の防衛にかじを切ってくださるように願っています。

posted by incho_sensei at 09:56| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年07月04日

新型コロナワクチン接種が停滞している。

梅雨に入って、日本各地で災害が起きています。
線状降水帯のため、大雨が降り各河川で堤防が決壊して浸水被害が出たり家が流されてなくなったりしています。
昨日は熱海で土石流のため、多くの家が壊され、何人も押し流され死亡行方不明になっております。
TVで映像を見ておりましたが土石流は非常に早く流れ、大量の土砂で車・家などはひとたまりもありませんでした。
自然に対して、私たちはなんてちっぽけなものかと恐れと感じて見入っていました。

新形コロナヴィルスも自然の脅威の一つです。
私たち人類はその恐怖にさらされているのですが、対抗策を探して抵抗しているわけです。
人類が見つけた対抗策の一つとして人体の免疫力で感染防御するワクチン接種があります。

世界でワクチン接種が最低限に遅れていた日本ですが、各医療機関での個別接種、各自治体の集団接種、企業における接種が急激に接種が進んできました。
ワクチン自体が数に限りがあります。備蓄のワクチン量と1か月間に日本に入荷するワクチン量は決まっております。
日本に入荷するワクチ以上に使用すると政府も出し渋りになるのはわかりきっていたことです。
企業接種に関せてはワクチン量は3500万人分しかないとことに、あっという間に2倍以上の申し込みが来るとストップして整理せざる得なくなります。

私たち医療機関も県・市自治体から国からの7月からワクチン入荷が少なくなるといわれました。
私たち医療機関に対し7月・8月の新規接種者を減らすことが要請されてきました。

その状態で各市自治体は接種者の年齢制限を下げたりしてきています。
ワクチン接種券を送付された人がどんどん急激に増えるのに、新規の接種者を減らし2回目接種の方だけにしてほしいと依頼してきております。
一方で増やし、片方で減らすようにと矛盾した依頼がされております。

接種券の届いた方に自治体からしっかりと、現状を公示していただきたいと思います。

医療機関に接種希望の連絡を入れても、予約できないことになってくる思います。
医療機関で接種できると思い込んでいる接種希望者を断ることになると受付で混乱して一般診療にも影響が出るようになります。

私としては、高齢者ワクチン接種が7割ほどに達しようとしている段階で、高齢者より活動性が高く、いろんなところに出かける若い人、夜間も出かけることが多いと思われる人に接種ターゲットを移行する方がよいと思います。
活動性の高い人から活動性のない高齢者に感染が起きるのを防ぐ考えに変わった方がよいと思います。

そのうちに私たちの医療機関ではワクチンの2回目接種希望者のみの接種になる可能性もあります。
私たち医療機関に影響が出ないような対応を期待したいものですね。
posted by incho_sensei at 15:24| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月24日

新型コロナ感染者が再び増加傾向になるか

梅雨入りして、蒸し暑くなってきました。
東日本・関東は新しく発生した台風の影響で降水量が増えています。
災害が起こらないように願っています。

新型コロナは英国株からインド株へと移行している最中でオリンピックごろにはほとんどがインド株になっているのででゃな以下と心配しております。
若い世代への感染力が強く、多くの若者がかかり始めました。
症状も以前よりも重いようです。
10代・20代・30代も最初のころとは違い安心できません。感染すると大変なことになります。
ワクチン接種の副作用は感染することに比べるとないようなものかもしれません。

アルファ株ではソーシャルディスタンス 1m・マスクで済んでいたものがデルタ株では 2m・マスクと、会話接触時間も25分程度といぜんの半分以下となっております。
デルタ株の場合は全国の接種率80%以上でないと集団免疫はできないといわれています。
もっと接種率を上げないといけないわけです。

のんびりせて感染者が増加すると
また新たな新種が出るのではないかと心配しております。

感染力の驚く程な上昇を考えるとワクチン接種の一段の加速が必要です。
国・地方自治体も年齢別にこだわらずに一刻も早く接種を済ませるため早期に全接種対象者に接種券を発行すべきです。
一斉に出すと、年齢別に出す事務量、基礎疾患の分別にかかる
人材・時間が省けて接種したい人が早く接種できます。
予約を取りにくいとか訴えが出るかもしれませんが、接種会場、個別接種場所は多くあるので予約はできるはずです。
最初出足時のワクチン接種開始の時と比べると、かなり多くの会場があり、1日の予約可能人数も格段に増加しています。

素早い対応を望みます。

私たちは、ワクチン接種が2回終わっても、インドデルタ株の感染力を考えると、ソーシャルディスタンス・マスク・手指の消毒はこれからも最低守っていかないといけないことです。
大声を上げるのはもちろんだめです、最低限のマナーを守っていきたいです。
もしかしたら自分が感染者になり、周囲の人へ感染を広めるの可能性があると考えていきましょう。

オリンピックも安全対策の下で行われ、各選手が活躍することを願っております。
posted by incho_sensei at 08:01| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2021年06月11日

新型コロナワクチン接種への思い

今日も快晴で、梅雨にいつ入るかわからない日々です。

国内では新型コロナワクチン接種の話題・オリンピック開催の話題でにぎやかです。
菅総理肝いりで1日100万人以上接種の掛け声で、腰の重い各自治体が我先にと大規模接種センターを設置し始め、各企業接種も呼びかけられております。
菅総理の1日100万人接種を国会では野党ができていないと非難しております、オリンピックも野党中心に中止した方がよいのではないかと言いたい放題です。

マスコミの対応も気になります。マスコミは接種反対に感じてしまいます。
マスコミによる、大罪と感じます。
感受性の強い若い人達、今まで皮下のワクチンで接種部の腫れ・倦怠感が出た人などのワクチン接種が進まないのはマスコミによる洗脳だと思われます。

ワクチン接種による副反応を大々的で放映して、ワクチンによるメリットを放映しない番組が多いようです。
感染者と死亡者数を比較するとか、ワクチン接種者とワクチンに寄す死亡者数の比較がないのも問題です。
石川県では約3500名感染者がいておおよそ110名がなくなっています。
感染すると数%でなくなっています。


ファイザー製新型コロナワクチンは、1回目接種から3週間たってから2回目接種が始まります。
今時点で約100万人接種に達していると3週間後は新規接種者と2回目接種者がいまして100万人を優に超えて200万人に近くなります。
私たちのクリニックでも現時点6月初旬より6月末・7月初旬で接種者数は2倍になります。

現時点で65歳以上の方の1回目接種は30%超えたとかいわれています。活動性のある65歳以上の方は接種巣が済んでいるか予約が済んでいると思われます。活動性のない自宅のこもっている方、介護施設に入居されている方は残っている人に入ってくるのかもしれません。

今一番必要なことは、活動性ある人に至急にワクチン接種を済ませることです。
動き回る人が動かない人に感染を広めることになります。
動ける65歳以下日人に接種をしないと、そこから動かない人に感染を広めてしまうので、大至急で65歳以下の人に接種券を発行してもらいたいと思います。

動き回る感染者をなくするように各自治体も真剣に考え、接種券の前倒しの発行に進んでいただきたい。

早く笑い顔にあふれ、活気ある日々の生活を取り戻したいですね。
自分が感染を広める可能性があると考え、ワクチン接種が進むまで不要の外出は控えていきたいです。

今できることはワクチン接種が第一で、待ち遠しいのは、治療薬の早期の開発です。

正しい判断をしてコロナに打ち勝つことを願ってやみません。
世界で明るい未来を描けるように祈っております。
私たち人類のできることは少ないかもしれませんが、手を取り合い、力を合わせ、自分のできることをしっかりとしていきましょう。


posted by incho_sensei at 08:59| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月16日

コロナ対策の今後

今日は曇りですね。霧雨かな。
日本の現状も曇り・時々雨でしょうか。

日本のコロナ対策は政府はうまくいったようにように結果的に見えますが、実際にはいまいちでしたね。
根本は、コロカヴィルスを流行させないことが一番大事だと忘れているか考えていないことです。

それにはコロナ感染者をすべて見つけることに主眼を置かないといけません。
今では新型コロナ感染症の病態が解ってきていますから、重症者のみ入院させ、軽症者・中等症者を一般から隔離することにつきます。
隔離する施設の確保が大切ですし、感染者を判別するPCR検査・抗原抗体検査を充実しないといけません。

緊急事態宣言を解除すると、普通、私たちははもう終息したと考えてしまいます。
終息ではなく2波感染に備えるインターバルととらえないといけません。
今から全精力を国・地方の県・府・都がPCR検査・抗原抗体検査を全ての人に実施できる体制を築かないといけません。
多くのドライブスルーに付随した検査センターを確立し、PCR検査等の更なる短時間化・精度向上に取り組まないといけません。

世界的に見て、収まったと思われていた国々で2次感染が発生して拡大しております。
コロナに打ち勝ったといったおごり・慢心は絶対にあってはなりません、してはいけません。

日本においても、外出時のマスクの着用・ソーシャルディスタンスを常に保っていなければいけません。自動車の違反切符のように違反切符くらいはマスク着用していない人には行うべきだと思われます。
大半の人は努力してマスク・ソーシャルディスタンスを取ろうとしていますが、一部補人々は我関せずで守っていません。
これからはそのような守れない人をどのように対処していくかでしょう。
海外の国々のように軽い罰金は必要だと思います。本人ではなく、ほかの人の命のかかわることです。
この罰金は、コロナ感染予防対策に使用するのは一考すべきだと思います。

あとはコロナ感染対策を取らない店舗・会社です。
できるだけソーシャルディスタンス・換気対策を取っていただき入場制限も今後続けることが大切だと思います。
現在でもソーシャルディスタンス・マスクを着けるように言っていても入場制限は日本では一部の店舗でされていても多くはおこなっておりません。
入り口の手指消毒程度の願いしかしておりません、それもただ置いてあるだけのところが多いようです。
深夜営業の飲食店は時間短縮を段階的にすべきかもしれません、しかし経営的には大変でしょうが考えさせられます。

今大切なことは早く2波感染発症に対応しましょうとお願いするだけです。

posted by incho_sensei at 07:33| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月15日

緊急事態宣言解除になってしまった

2020年5月14日緊急事態宣言解除の発表となってしまった。
解除となった県民はすべてが解除と思ってしまうのではないかな。
解除・解除と叫ぶのが主で、制限付きとはっきりとマスコミが大声で言っていないことも問題です。

すべては制限付き解除と言ってほしいですね。
飲食店も、ソーシャルディスタンス・入場制限・営業時間制限をはっきりと示さないといけないですね。
以前と違い早めにお店を閉店するとか、座席数を減らすとか、入場者をしっかりと減らし体温測定をして入ってもらったりマスクをしていない人の入場を断るなどお店・営業されるほうにも毅然とした対応が求められてよいと思います。

マスコミも問題です、感染予防したうえでの宣言解除と大きな声を上げて、理解を深めるように放送してほしいです。
解除されても、感染者が出ていることを忘れてはいけません。その中ではICUに入り人工呼吸器の装着者がいること・なくなる人が出るかもしれないことを忘れてはいけません。
自身が感染して死亡する可能性があることを忘れないことが大事です。

わたしたちの一番の心配事はじぶんが感染しているかどうかです。
自分が感染して友人・家族・ほかの人に感染を映してしまわないかといったことが一番です。
自分が感染してしまうと死亡する可能性もあり、1〜2か月間入院する可能性があることです。
知人がなくなる可能性もあります。

PCR検査で問題となるのは、検査体制の準備です。
発熱者を最初にしっかりと検査で調べることが大切です。
発熱者はすぐに、制限を付けずにドライブスルー等で検査すべきで、患者さん・医療機関係者の不安をぬぐうべきです。

希望者全員にすぐにその場で対応できるようにすべきです。
特定のドライブスルー検査場を各県に10万人に対して1か所でも設置して、新しいPCR検査キットを使用し各検査所で1日100〜200件程度できるように準備してほしいですね。今出始めている新しい検査キットは短時間で検査できルため、一度に大勢検査しようと思えばできるはずです。
PCR検査・新型コロナヴィルス抗原抗体検査も同時にチェックしてほしいですね。

マスクに使うお金があれば、検査機器を国が買いそろえて各県に検査機器10セット以上設置できるのではないでしょうか。
早く終息できればそれだけ、国の税金を使わなくてよいことを理解しましょう。

検査陽性者を隔離するホテル・国・地方の公共施設を準備すればPCT検査・抗原抗体検査を併用すると、1〜2か月ほどで新型コロナ感染は終息に向かうのではないでしょうか。

私たちは現状では緊急事態宣言が解除されても、最低1〜2か月間はマスク・ファイスシールドは必要です。その間に新たな新型コロナ感染が発生しないことを願っています。
posted by incho_sensei at 07:07| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2020年05月07日

西村康稔経済再生担当相が吠えた

今日は、少し風が強いが晴れて気持ちがいい日です。

今日は西村担当相が吉村洋文大阪知事に不快感を募らせ、違和感を感じると述べました。
この発言自体が違和感を感じました。
下から突き上げられて居ても立っても居られないと感じたうえでの発言でしょうか。

吉村大阪知事は本当によく行動していると思います。
責められることはないように感じます。
しっかりとコロナ災害の現状を理解しての発言と行動と思います。

日本政府はどうでしょうか、全てが後手後手に回っています。最初はクラスターつぶしに固着してしまいました。
世界各国で行っている、全てをしらみつぶしに処ししていく処方がいまだに取られていません。
韓国にしても・ドイツ然り、1月の初期の段階で自国に被害が及ぶと考え、各部署に準備を促し、パンデミック時の対処の号令をかけていました。
イギリス・アメリカ・日本は対岸の火事のような気分で眺めるだけで何もしませんでした。
イギリス・アメリカは自国でコロナ感染がはやり始めると(現在大変な数の感染者を出していますが)PCR検査数にしてもICUにしても数は日本と比べ物にならないほど多くの検査・ベットを用意しております。
日本はPCR検査数は1日多くて数千件数ですが、イギリス・アメリカは万単位で行っております。
アメリカ特にニューヨークでは、今は希望者にPCR検査と抗体検査を行っているようです。1日10万人以上できるようです。

どこでこのような差が生まれたのでしょうか。
命をかけがえのないものと考えておりますが、各国政権を担当している側の差でしょうか。
自分の家族がかかったらと、自分が感染したらどうしようかと考えが行きつかないのでしょうか。

西村担当相はよく働いていると思いますが、「自分たち政権がいじめられている」と被害者的に考えてはいないでしょうか。
厚労省の加藤大臣よりしっかりと新型コロナ感染被害を見極めているように見受けられますが、政府が周りから追い詰められていると感じすぎのようです。
一部の大臣のように何も自分の意見を言わず、官僚から言われた通りの答弁のように見える姿勢、自分たちのテリトリーを守ろうとする姿勢はやめましょう。
そうではないでしょう、「よくそこまで行ってくれた、政府も対応するように頑張るから、いろいろと意見を言ってほしい、協力してできることを考えよう」といえば、私たち国民も納得しやすいと思います。
「よく私たちの意見を聞いてできることを考えてくれている」と思います。

国を挙げて、この危機を乗り越えるために、いつものお役所仕事ではなく、特例措置として治療薬・ワクチンの認可をしていってほしいです。
異常があったり、ふくさようがつよければその都度変更して緊急時を乗り越えていく広い心意気を国に求めたいものです。
官僚の上から目線でなく、一緒に危機を乗り越える姿勢が欲しいと思います。
posted by incho_sensei at 15:28| ひとり言 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。